ビタミンC誘導体 化粧水のニキビ効果

ビタミンC誘導体の化粧水はニキビに効果あり?

ビタミンC誘導体が配合された化粧水は、ニキビを防いだり、治したりする効果があるのでしょうか?

 

市販の化粧水に配合されているビタミンC誘導体は、よく使われるものだけでも数種類あります。

 

具体的にはAPPSまたはパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naと表示されているもの、リン酸アスコルビルNa、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、アスコルビン酸グルコシドなどです。浸透率の高さは、APPSが群を抜いて優れていて新世代ビタミンC誘導体などと呼ばれています。

 

ニキビへの効き目はある、と臨床観察状、実証されています。

 

科学的にどのようにしてニキビ改善に役立っているのかは、まだ解明されていない部分が多いようですが、効果があることは確かです。

 

市販されているビタミンC誘導体の化粧水

 

それでは、ビタミンC誘導体、とくにAPPS配合の市販の化粧水をいくつか紹介します。

 

もちろん、ビタミンC誘導体の濃度が高めの製品がよい、と思われる方も多いかと存じますが、ひとつ、気を付けたいことがあります。

 

高濃度の製品で刺激を感じる方がいらっしゃいますので、購入前にテスターやサンプルなどでの確認をすることがベターです。

 

実は、いちばん浸透力が高いと言われるAPPSの配合濃度は非公開としている化粧水ブランドがほとんどなのです。数種類のビタミンをブランドごとに独自の配合率でより高い効果を追求していることが非公開の理由なのでしょう。

 

その中で、ひとつだけAPPS1%配合と表記されている化粧水があります。

 

APPS1%配合の化粧水

 

APPSは、0.1%から1%の配合が効果がある目安ですので、最高濃度と言っても差し支えないでしょう。ビーエスコスメのアプレシエ(APPS)1%化粧水・50ml用作成キットです。

 

こちらは、粉末と目盛り付きプラ容器のキットという珍しい形態で、ご自身で水などに混ぜて作ります。高級感のある瓶の料金をはじめ、その他いろいろな物を省いているため、低価格での購入が可能です。

 


手作り化粧品工房BS-C

 

他にはドクターケイのケイカクテルVローション、アクセーヌのホワイトエマルジョンディープモイスチュアC、ドクターラインのBAエッセンスなどがあります。いずれも大手通販サイト、デパート、公式サイトなどで手に入ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
ニキビ跡化粧品

ニキビ跡ファンデーション
ニキビ跡コンシーラー