ニキビ跡を消すフォトフェイシャル

ニキビ跡を消すフォトフェイシャル

タオル

ニキビ跡があると、お肌の色が悪く見えてしまいますよね。

 

ニキビ跡を消したいときは、光治療のフォトフェイシャルという施術を受けるのがおすすめです。

 

それでは、フォトフェイシャルの種類や施術回数などを説明しますね。

 

フォトフェイシャルとは?

 

フォトフェイシャルとは、アメリカのルミナス社が開発したマシンを用いた光治療のことで、IPLという特殊な光を、560nmヘッド、590nmヘッド、640nmヘッドの3種類のヘッドを、肌の症状に合わせて照射します。

 

ルミナス社の治療機器を使っておらず、他のメーカー開発のIPLを使った治療は、IPL治療や光治療と呼ばれるので、フォトフェイシャルとは違う種類になります。

 

波長域が3種類から7種類に増え、1500通り以上もの治療の設定が可能な、フォトフェイシャルファーストや、IPLにRF(高周波エネルギー)を組み合わせて治療を行う、フォトRFなどがあります。

 

フォトフェイシャルのニキビ跡への効果

 

IPLと呼ばれる、さまざまな波長の光を顔に照射するだけで、ニキビ跡や赤ら顔を改善したり、肌をふっくらとさせられるので、回数を重ねるごとに美肌に近づけます。

 

フォトフェイシャルを受けると、繊維芽細胞と呼ばれる細胞も刺激するので、肌の内側にあるコラーゲンやエラスチンの活性化を促せます。

 

ニキビ跡やシミだけでなく、乾燥による小じわやたるみ、毛穴の開きなどの改善もできますが、1回ではそれほど変化しない人も多いので、回数を重ねなければなりません。

 

フォトフェイシャル協会のガイドラインでは、この治療によって、肌全体の改善効果を得たいときは、1回施術を受けた後は3週間以上あいだを開けて通い、合計で5回以上は受けた方が望ましいとされています。

 

フォトフェイシャルの口コミは?

 

口コミ情報をチェックすると、1回目で早くもニキビ跡やシミが薄くなったとか、お肌がもちもちとしたなど、効果を実感できる人が多くいます。

 

照射直後にかさぶたが出来たり、強い痛みを感じる人もありますが、かさぶたは数日もすれば剥がれますし、初回に比べると、痛みも少しずつ減っていくので、怖がる必要はありません。

 

少しずつ透明感のある明るい色の肌に近づいていきますから、施術を受け続けるうち、鏡を見るのが楽しくなっていくでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
ニキビ跡化粧品

ニキビ跡ファンデーション
ニキビ跡コンシーラー