ニキビ跡はオロナインで消える?

ニキビ跡はオロナインで消えるのか?

オロナイといえば、ニキビやニキビ跡によく効くとして知られており、老若男女問わず多くの人から愛用されています。

 


オロナインH軟膏 100g

 

ただ、実は条件によってはニキビニキビ跡に対して効果が薄くなる、あるいはむしろ悪化させてしまう場合もあります。

 

オロナインの効果をより高めるために、オロナインの基礎知識や、どのような場合に効果が高まるのかなどを簡単に知っておきましょう。

 

オロナインの成分とその効果について

 

オロナインの主成分はクロムヘキシジングルコン酸塩液であり、これは殺菌や消毒に高い効果があります。そして、添加物として含まれるステアリルアルコールやワセリン、グリセリンなどの成分は、高い保湿効果があります。

 

ニキビの原因としては、皮脂や汚れが溜まることによるアクネ菌の増殖や、肌の乾燥などが挙げられます。そのため、前述した各成分を効率的に利用することによって、ニキビ自体の予防や、悪化することによって発生するニキビ跡の予防に繋がります。

 

ただし、クロムヘキシジングルコン酸塩液の殺菌、消毒などの効果を考えると、アクネ菌の増殖が原因で引き起こされたニキビ以外のニキビには効果がありませんし、またステアリルアルコールなどの保湿効果を考えると、乾燥が原因で引き起こされたニキビ以外のニキビには効果がありません。

 

要は、原因によって適応する成分を利用しないと、ただ薬品を肌に塗るだけになってしまい、肌の環境を悪化させ、ニキビやニキビ跡をより進行させてしまう可能性があります。

 

以上より、確かにオロナインはニキビやニキビ跡に効果を発揮しますが、そのためにはまず、原因を特定することが重要になります。

 

自分で判断できない場合には、皮膚科やクリニックなどでチェックしてもらうと効果的です。

 

また、何かしらのアレルギーを持つ人や、比較的肌が弱い人などは、オロナインを塗布することによって肌が荒れないかを確認するために、最初は少量だけ塗布するようにして、徐々に適量に近づけていくなどの工夫を施してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
ニキビ跡化粧品

ニキビ跡ファンデーション
ニキビ跡コンシーラー