ディフェリンゲルでにきびが悪化?

ニキビ治療のディフェリンゲルとは?

皮膚科

ディフェリンゲルとは、一般的に皮膚科でよく処方されるニキビ治療薬です。

 

特に大人ニキビと呼ばれる、白くて固い角質に覆われたニキビにはそれまで効果的な薬がなかったのですが、このディフェリンゲルの登場によって随分と改善できるようになりました。

 

ディフェリンゲルの効果と副作用について

 

ディフェリンゲルにどういった効能があるのかというと、肌のターンオーバーを強制的に促進させ、異常を起こしている部分を剥がしてしまうというものです。

 

大人にきびは固い角質に覆われているうえ、肌のターンオーバーが衰えているのでいつまでもそこに残ってしまい、抗生剤を塗っても薬効が菌まで届かないのでなかなか治らないとされてきました。

 

そこにディフェリンゲルを塗ると、しつこく残っている角質を剥がしてくれるので、抗生剤が菌まで届くようになるのです。

 

ディフェリンゲルを塗るとにきびの炎症が悪化する事もある?

 

ディフェリンゲルを塗るとにきびの炎症が悪化するのかということですが、確かにこの薬には副作用があり、一時的に皮むけやひどい乾燥状態が起こり、かなり悪化したように見えることもあります。

 

しかし、この副作用は一〜二週間程度で落ち着くので、落ち着いて来たらその後は劇的に肌が綺麗になってくるのが特徴でもあります。

 

ただ、稀に副作用がきつすぎて耐えられないという方もいますので、不安に思うのなら医師に相談し、使用方法を考え直すとよいでしょう。

 

ディフェリンゲルのニキビ跡の色素沈着やシミへの効果は?

 

そして、ディフェリンゲルがニキビ跡や色素沈着、シミにも効果があるのかということですが、確かにこういった色素沈着系統のものにはターンオーバーを促進させるという治療法が一般的に取られています。

 

ですから、効果がないとは言い切れないのですが、元々ニキビ治療のために開発された薬であって、シミやニキビ跡に対する効果は認められていません。

 

上記のようにかなり副作用も出る薬ですから、かなり肌荒れすることも考えられ、医師の診断なしに使用するのはおすすめできません。

 

紫外線に弱いので、下手をすればますますシミができる恐れもありますから、ニキビのない状態で使用するのは控えたほうがいいでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
ニキビ跡化粧品

ニキビ跡ファンデーション
ニキビ跡コンシーラー