40代のニキビ跡

40代のニキビ跡が治りにくいのはなぜか?

化粧品

近年はストレス社会とも揶揄されていますが、このストレスによってホルモンバランスを崩してしまうことで、大人の女性がニキビに悩まされるケースがとても増えているようです。

 

30代、40代女性にも多く、思春期にできるものとは違って、脂分を取るケアをしすぎてしまうと、逆に悪化させてしまうことも多く、醜い跡となって残ってしまうことにもつながります。

 

40代の肌は、ターンオーバーも正常なサイクルでは機能しなくなってしまいがちなので、肌表面にあるトラブルは、なかなか消えていきません。

 

大人ニキビは毛穴詰まりから始まる

 

石鹸

 

ホルモンバランスの崩れによってできるニキビは、Uゾーンと呼ばれる部位にできやすく、口周りや顎、首など、男性の髭の生える部分に集中してできる特徴があります。

 

この部位は毛穴も小さく、インナードライ状態になりやすい場所でもあり、ニキビが出来ている肌表面は脂っぽく見えても、肌の奥は乾燥しているので、皮脂分泌が盛んとなってしまうと、どうしてもすぐに毛穴詰まりを起こしやすくなってしまいがちです。

 

40代のニキビ跡を改善するためにはエイジングケアが重要!

 

この年代にできるニキビに最適なスキンケアでは、とにかく保湿を徹底してあげることが基本です。エイジングケアというと保湿が第一ですが、40代のニキビ跡ケアもエイジングケアと同様に保湿が重要になってきます。

 

また、肌を柔らかく柔軟にすることと、肌の脂分と水分のバランスを整え、皮脂分泌が過剰になってしまっている状態を緩和させることが必要です。

 

そこでおすすめしたいのが、機能性コスメとして人気があるオールインワンゲルです。顔を洗った後にこのゲル一つをつけるだけなのですごく簡単です。

 

オールインワンゲルは、肌の奥深くまでしっかりと潤わせることが可能です。デリケートなニキビ肌に刺激を与えないので肌の弱い方にもよいと思います。

 

特にUゾーンにしっかりと塗布しておくと、保湿成分がぐんぐん沁み込み、ハリがアップしてくるので、加齢とともに緩みがちなフェイスラインを引き締める効果も発揮してくれます。

 

肌内部の保水力が上がることで、皮膚の新陳代謝も活発に促進されるようになり、古い角質層を穏やかに剥がし、新しい皮膚をどんどん押し上げていくので、ニキビ跡も徐々に目立ちにくくなっていきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
ニキビ跡化粧品

ニキビ跡ファンデーション
ニキビ跡コンシーラー