ニキビを潰すと治る

ニキビを潰すと早く治るは大嘘!潰したニキビは炎症を悪化させたり痕が残ってしまう

綿棒

ニキビは潰すと早く治るという話がありますが、これは正しく潰した場合のみ。

 

自己流のケアで悪化したり、爪などで潰してしまうと周辺の皮膚まで傷をつけてしまい、指の雑菌が入り込んで炎症を引き起こす可能性が考えられます。また、圧力をかけた時に皮膚が破れてしまい跡が残ってしまうことにつながることもあります。

 

そのため自己流でニキビを潰すようなことは絶対に避けるべきです。

 

しかし、皮膚科などで正しく潰す分には様々なメリットがあります。

 

皮膚科でニキビを潰すメリット

 

ニキビは、毛穴に古い角質や皮脂が詰まることによって起こる皮膚の炎症性疾患です。毛穴の中に詰まっている皮脂や古い角質、膿や産毛などを出すことは保険が適用されている治療方法です。

 

皮膚科では 面皰圧出 と呼ばれる治療になります。基本的にはどのようなタイプのニキビにも適した治療方法で、炎症前にやることによって炎症を防ぐことができます。

 

やり方は簡単で皮膚を消毒したら、ニキビの先端に針やレーザーで穴を開けます。穴を開けたら面皰圧出器という専用の器具を使って毛穴の中を押し出して完了です。

 

簡単な施術ですが、皮脂や角質などを出すことで治りが早くなります。炎症を防ぐことができ、前段階であっても原因となるアクネ菌を増やすことが少なくなるため治りが早くなります。

 

また、レーザーを使用すればその部分に熱が当たることになります。熱によって殺菌されることや皮脂腺が熱によってダメージを受けることによって治療した部分が再発しづらくなるというメリットもあります。

 

タオル

 

毛穴の中に古い角質や皮脂、膿があると炎症は治りにくいとされています。また炎症が起こってなくても角質などがたまっていると悪化してしまうことも考えられます。早く跡に残さないためには中身を取り出すことがオススメです。安全にケアするためにはしっかり皮膚科で治療してもらうことが大切です。

 

皮膚科で治療してもらうことによって、ニキビの治療だけではなくスキンケアや生活習慣などを改善することができ再発のリスクを低下させることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
ニキビ跡化粧品

ニキビ跡ファンデーション
ニキビ跡コンシーラー