ニキビ跡にはマスクと厚塗りメイク

ニキビ跡を隠すためにマスクと厚塗りメイク!ニキビ跡を隠すための苦労はもうしない

クレンジングの泡

ニキビは肌トラブルの中でも特に多くの女性が経験したことのある毛穴トラブルの一つだと言われています。

 

ニキビの初期段階では毛穴に白い皮脂が詰まっている状態なので、殺菌した針などを利用してニキビを潰し中の皮脂や角栓を取り除くことで治療が出来ます。

 

しかし、ニキビの症状が進行して皮膚細胞内部まで穴が空いてしまうと毛穴に詰まった皮脂や角栓を潰しても肌細胞の穴は塞がらず、ニキビ跡として残ってしまうのです。

 

厚塗りメイクやマスクでニキビ跡を隠すのは厳禁!

 

ニキビ跡は皮膚細胞に開いた穴が深いほど目立ちやすいので、顔の目立つ部位などにニキビ跡が残ってしまった場合は多くの女性が跡を隠すためにも厚塗りメイクで跡を埋めるようにお手入れをしたり、マスクを利用して隠すなど様々な方法を利用しています。

 

しかし、これでは素肌を安心して見せることが出来ませんし厚塗りメイクは見た目も老けた印象になってしまいますし、何より肌にお化粧品をたっぷり塗るのは肌トラブルを新たに作ってしまう原因となりますので、避けることが大切です。

 

メイク道具

 

ニキビ跡をお手入れしながら目立たなくする

 

ニキビ跡を少しでも改善する方法としてお勧めなのが、跡が比較的浅いのであれば肌のターンオーバーを促進させることで肌の再生化を促すお手入れを心がける事です。

 

肌は定期的に古い角質が剥がれ、下から新しい皮膚が出てきます。この代謝の力を活用することで肌のコンディションを改善し、更にニキビ跡が目立たなくすることが可能です。

 

そのためにも肌表面の古い角質をしっかり除去するためにも定期的に美容皮膚科クリニックなどでケミカルピーリングを利用したり、自宅ではピーリングジェルなどでマッサージをするなどスキンケアに角質ケアを取り入れると、肌の代謝を促し、更にマッサージ効果によって肌の血行が改善し次の日はハリとツヤのある美しい素肌を手に入れることができます。

 

ニキビ跡が深く、自分では対処ができないと感じたら、美容皮膚科クリニックに相談すればフラクショナルレーザーなどの医療レーザーを利用した治療を受けること改善させることも可能です。

 

また、ニキビ跡を改善させる間のメイクは、肌に優しい且つカバー力のあるミネラルファンデーションがおすすめです。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
ニキビ跡化粧品

ニキビ跡ファンデーション
ニキビ跡コンシーラー