ニキビ跡をつくる自己流ケア

ニキビ跡をつくる自己流ケアとは?ニキビを潰すと色素沈着したり凹凸が酷くなるので自己流ケアはやめよう

フェイスタオル

ニキビとは、毛穴の中の皮脂が詰まったり古い角質がそのまま残ったりして皮膚が炎症を起こした状態のことを指します。

 

きちんとケアをすれば跡に残ることはありませんが、自己流の間違ったケアを行ってしまうと色素沈着を引き起こしてしまうことが多いです。

 

また、クレーター状の跡になってしまうこともあるので自己流のケアはなるべく行わないほうが無難です。

 

ニキビ跡をつくる自己流ケアで最も多いのはにきびを自分で潰してしまう事です。

 

ニキビ跡をつくらない正しいケア方法

 

ニキビ跡と一言で言ってもその種類は様々であり、ケア方法も異なってきます。

 

最も多いのが赤みの症状です。皮脂が溜まることで細菌感染を引き起こすことで血管が広がり炎症が引き起こされることで赤みという形で残ります。基本的には時間の経過とともに改善されることが多いですが、ひどい場合には紫または赤黒い色素沈着を引き起こすこともあります。

 

炎症によって肌にダメージがあるとシミと同じようにメラニン色素が発生して茶色い色素沈着が引き起こされるケースも考えられます。

 

重い炎症を引き起こすとアクネ菌が周辺組織を壊して増殖してしまうため、炎症を広げないために白血球が皮膚細胞を壊して食い止める働きがあり、それがクレーターとなって残ります。このようなニキビ跡を残さないためには、正しいケアをすることが重要です。

 

ニキビを潰すにも自己流と皮膚科では全然違う

 

皮膚科

ニキビは潰すと治りが早いと言われますが、これは皮膚科で正しく潰した場合に限ります。自己流で爪を使って潰してしまうと、皮膚を傷つけることになり指についた雑菌が傷口に触れることで炎症を引き起こしてしまいニキビ跡につながります。このようなことを避けるためにも皮膚科での治療がオススメです。

 

ニキビは皮膚の炎症性疾患ですので、治療をする場合には保険が適用されます。

 

ニキビをつぶして毛穴に詰まった内容物を乗り除くことでニキビの悪化を防ぐ面皰圧出以外にも、程度によって抗生物質での雑菌の殺菌、毛穴のつまりを改善する外用薬、ホルモン治療やビタミン不足の改善、保険適用外ですが古い角質を除去するケミカルピーリングなど症状によって自分にあった治療を行うことができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
ニキビ跡化粧品

ニキビ跡ファンデーション
ニキビ跡コンシーラー